おすすめの石垣島旅行ガイドブックと旅行プランの立て方

おすすめの石垣島旅行ガイドブックと旅行プランの立て方

旅行が決まったら、まずは本屋と図書館へ。
ネットの情報もいいけれど、
やはり雑誌の方が情報がまとまっていて
プランを立てるのにはちょうどいいと思うのです。

私が参考にした石垣島本

女子の旅ガイド本として大人気の「石垣・竹富・西表・宮古島 ことりっぷ」。カフェや雑貨、スイーツなど女子が好きなものをぎゅぎゅっとコンパクトに詰め込んだ一冊。二泊三日ぐらいの小旅行ならこれぐらいの情報量で充分だと思います。

2009年に出版された雑誌「誰も知らなかった石垣島物語」。少し情報は古いですが、石垣島への憧憬をかきたてられる一冊です。ガイドブックというよりは、石垣島に住む人たち、そこで商いをしている人をとりあげていて、そこには美しい物語があります。これは買ってよかった。

他にも2冊ぐらい図書館で借りたりしたのですが、
そちらはあまり使いませんでした。

私の旅行プランの立て方

飛行機と宿泊施設がとれたら、
この2冊とネットで調べた情報などをもとに
行きたいお店をピックアップして
A4の用紙に書き出します。
そこに定休日や営業時間も書き込んで、
三泊四日のうち(もともとの予定だった)
どの日にどこに行くかなどを同行者と話ながら整理していきました。

大体決まったら、今度はMacで一日ごとのプラン表を作成。

Artwork 2

こういう風にプランをたてている時が
自分にとっては一番楽しい時かもしれません。

旅のしおり作りは楽しい!

公共交通機関の時間は遅刻厳禁ですが、
あとはだいたいの目安のようなもの。

行ったら定休日だったとか
営業時間が終了していた、ということだけは避けたいのと
向こうに行ってからどうする?どこ行く?と考えるのは
時間がもったいないので
こういうしおりを作っておくと役立ちます。

あと、何か突発的なことがおこった時に
航空会社やホテルに電話しないといけない、となった場合
このしおりに連絡先を全部記載してあるので
(予約番号なども含め)
これさえいつも手元にあれば安心なんです。

お店などに予約を入れる

観光地の人気スポットは、突然行って入れるとは限りません。
ここは絶対に行きたい!食べたい!と決めたところがあれば
すべて電話をして予約しました。

人気の石垣牛焼き肉店は一週間前にもかかわらず満席。
お寿司屋さんも確実に案内できるかどうかはわからない。
ダイビングショップも希望していたところには二軒断られ、
プラネタリウムの観測会も一杯で撃沈。

早めに予約ができるのであれば早めにした方がベターです。

とれなかったお店があれば、またプランの変更をして、
最終的に決定したプランを印刷して
トラベラーズノートに貼りつけました。

これでプラン立ては完了です!

でも…現地に行けばその時その時でフレキシブルに対応していくのが
やっぱり一番楽しかったりするので
あくまで予定はただの予定とみなして動くのが
大事だったりしますね。